成原 奏、成原悦子

 
完売御礼においしいLISZTのチョコレートを
ご来場のみなさまにプレゼント致します。

 

出演:   成原悦子   成原奏

20160604_icon

成原悦子(なりはらえつこ)  
6才よりヴァイオリンを岩本政蔵、井上武雄、福元裕、ヤン・スタノフスキ-各氏に師事。 武蔵野音楽大学ヴァイオリン科を卒業と同時に東京交響楽団に入団。アルヴィド・ヤンソンス、秋山和慶、両指揮者のもとで演奏活動に入る。68年パルティ-タ弦楽四重奏団結成、各地でカルテット演奏開始。82年新座交響楽団とメンデルスゾ-ンのヴァイオリン協奏曲を共演。87年スイスのシオン国際音楽祭に参加、研鑽を積む。 94年 大宮ゼフィ-ルギャラリ-にて成原悦子・成原奏ヴァイオリン デュオ コンサ-トを皮切りに各地でヴァイオリン デュオ コンサ-ト の演奏開始。  現在、後進の指導にあたる傍ら、フリ-のヴァイオリン奏者として演奏活動を続けながら、新座交響楽団のコンサ-トマスタ-を務めている。  

 

成原 奏(なりはら かなで)
桐朋女子高等学校、桐朋学園大学卒業。在学中、ハンガリー・リスト音楽院にてD.コバーチ氏のマスタークラスを、スイス・シオン国際音楽祭にてティボール・ヴァルガ氏のマスタークラスを受講。第23回東京国際芸術協会新人オーディション合格。第8回レ・スプレンデル音楽コンクール室内楽の部奨励賞。2006年イタリア・パルマに留学、C.シスコヴィッチ氏に師事。在学中よりロイヤルチェンバーオーケストラに参加、首席奏者を務めるほか、ソリストとしても共演している。2010年より日欧文化協会の推薦に於て”ラ・フォル・ジュルネ”エリアコンサートに毎年出演、好評を博す。

現在、ソロ、室内楽で活動するほか、国内のオーケストラ、室内合奏団等にて客演首席奏者としても活動している。クァルテット・プレスタ第一ヴァイオリン奏者。

これまでにヴァイオリンを中山朋子、鷲見健彰、C.シスコヴィッチの各氏に師事、室内楽を景山誠治、名倉淑子、千本博愛の各氏に師事。

 

 

■日時:

2016年 6月4日(土) 14:00開演/13:30開場

■会場:銀座SOLA

銀座SOLA
東京都中央区銀座2-2-18 TH銀座ビル10F
TEL:03-6264-4971(10:00-21:00)
FAX:03-6264-4972

JR 有楽町駅京橋口より徒歩3分
東京メトロ有楽町線「銀座一丁目」駅4番出口すぐ
(1F いしかわ百万石物語)

 

■チケット価格

5,000円
  ※全席自由お席に限りがございます。(限定50名様)
  ※ドリンクサービスは別途となります。
 

 

■チケット申し込み

  完売御礼
 

 

■演奏予定曲   

  • バッハ 2つのヴァイオリンのための協奏曲
  • チャイコフスキー 「くるみ割り人形」より 花のワルツ
  • 宮城道雄 春の海
  • その他

*曲目は変更になる場合があります